太宰府市にて住宅の外壁塗装・屋根塗装が始まりました!タスペンサー02
2020.10.03
お世話になっております。翔栄の高山です。

昨日、太宰府市にて住宅の屋根塗装へ立ち会ってきました。

屋根足場が設置されるぐらい、勾配が急な屋根でした。

施主様のご希望で、屋根塗装時に「タスペンサー」を設置致しました。

下の画像がその施工風景になりますが、屋根と屋根が重なる部分にタスペンサーを挟み、

空間を作ってあげます。業界用語では「縁切り」とも言われています。

屋根と屋根の重なり部分は、雨が降った時に、屋根の内部に雨水が溜まらないように、

水が流れ出る構造になっています。

その構造を経年劣化や前回塗装時に縁切りをしていなく、塗料で塞がれている状態ですと、

機能を発揮しません。

そうなると屋根に水分が溜まった状態が続き、屋根下地材の劣化屋根の通気性が失われます。

屋根の耐久性を著しく下げますので、注意が必要です。

屋根の状態によっては、タスペンサーを使用できない場合も御座いますので、

施工業者に前もって確認をする必要が御座います。

屋根はお客様もあまり目が届かない部分となり、手を抜かれがちな場所でもあります。

必ず、写真や動画にて目視で確認をするようにして下さい。

また、タスペンサーは非常に軽く、指し込んだ後に落ちやすい物ですので、

下に落ちて当たり前の物ですので、落下後あと片付けをしているのか確認が必要となります。

そこまでをちゃんと作業工程でおこなっているか、一度見てみると良いかと思います。




 
2020.10.03 11:18 | 固定リンク | 屋根塗装
福岡市西区にてリハビリテーションの外壁塗装・屋根塗装が完了致しました。
2020.08.27
ご無沙汰しております。翔栄の高山です。

福岡市西区において、リハビリテーションの外壁・屋根塗装が完了致しました。

外壁は平らな壁が多く、さほどの手間は御座いませんでしたが、

屋根塗装においては、この時期ならでわの熱射が襲い掛かってきます。

同じ場所で作業を長時間すると靴裏が溶け、引っ付いてしまいます。

塗った屋根の箇所を靴で踏んでしまうと、当然色がムラになってしまいます。

上手く塗装した箇所から逃げながら塗布する必要があります。

今回の屋根は直射日光を浴びる時間が長く、塗料がボロボロで傷みも凄い屋根でした。

下塗を念入りに2回行い、上塗を1回入れ塗料の強度を高めました。

こちらの屋根は、勾配がきつく、屋根足場を入れましたが、足元はとても不安定です。

必ず安全帯、ハーネスを着けてからの作業を徹底致しました。

良い仕上がり、速い仕事が出来たとしても、身体が一番大事です。

面倒くさがらずに安全帯の徹底を今後もおこなって行きたいと思っております。

今回の現場では、ゲリラ豪雨や強い日差しで天気には恵まれませんでしたが、

いつも通りの妥協をしない、塗装スタイルで職人さんには頑張ってもらいました。

お陰様で施主様より、仕上がりを満足し、綺麗になりましたとお褒めの言葉を頂きました。

天候不順にもかかわらず、2週間で施工を終えれました。

職人さん、毎日、暑い中お疲れ様でした。

2020.08.27 14:24 | 固定リンク | 屋根塗装

- CafeLog -