西区上山門アパート3棟目、外壁塗装、屋根塗装の施工完了いたしました。
2020.12.24
いつもお世話になっております。翔栄の高山です。

本年度分のアパート塗装が今の棟で終了となります。

本日仮設足場の解体を終え、無事、施工が終了となります。

残り10棟は来年の年始からスタートを予定しております。

今回の棟は、屋根の傷みが進んでいましたので、塗装の仕上がりを心配していましたが、

下記の画像を見て頂ければ上々だとおわかりいただけると思います。

傷みが激しい場合は、下塗り材を変えたり塗膜の厚みを変えたりしてより自然に仕上げます。

洗浄の段階である程度の汚れを落としてから、初めて屋根の傷みがわかります。

ひびや割れはコーキングで補修してから、塗料を塗布していきます。

補修しないで塗装してしまうと、隙間に塗料が溜まったり、ダレの原因にもなります。

雨漏りの原因にもなりますし、何よりも屋根の損傷を最小限に抑える為に補修をおこないます。

屋根は人間で云う頭の部分になりますので、もっとも太陽に近い場所となります。

ですので、屋根には光を吸収する黒っぽい色が多いと考えられます。

でも吸収された光はどこへ行くと思いますか?

実は、「屋根の熱に変化」しますので、屋根の瓦に溜まります。

吸収された熱が屋根に溜まると夏は暑いのでは?とよく耳にします。

近年塗料の進化が進み、遮熱塗料などが出回っています。

ですのでその心配は解消されております。

実際に遮熱塗料を塗る前と後の室内温度を測りましたが、5℃前後変わります。

メーカーも実証実験をされていますので、効果は実証済みです。

外壁と違って屋根は普段あまり目に付かない場所ですので、おろそかになりがちですが、

実は家を守る要でもありますので、たまには上を見上げてみてください。

ご不明な点等があればお気軽にご相談下さい。

2020.12.24 13:33 | 固定リンク | 屋根塗装
太宰府市にて住宅の屋根塗装が完了致しました!
2020.10.05
お世話になっております。翔栄の高山です。

先日、ブログでご紹介したタスペンサー使用の屋根塗装が完了致しました。

たまたま今日行く機会があり、施工前と施工後が速めに揃いました。

比較が出来るので、ご紹介したいと思います。

タスペンサーは施工後もそのままの状態で、固定しておきます。

ある程度の年数が経つと自然に落ち、瓦部分の溝が確保されている証拠でもあります。

タスペンサーが自然に落下しますが、特に気にする必要は御座いません

塗料で固まっているので、そう簡単には落ちてこないとは思います。

コロニアル屋根も塗装後は、黒光りして綺麗になっているのがわかるかと思います。

洗浄後、下塗→中塗り→上塗の3工程ですが、充分な耐久性を発揮します。

見えなくはなってしまいますが、下塗のシーラーをたっぷりと塗布しておかないと、

中塗りのノリが悪くなり、耐久性を著しく落します

しっかりと下塗を塗り、写真にて作業工程を残すように注意が必要です

これから冬に向けて、屋根にかかる負担が大きくなりますが、速めにご決断をされて、最善かと思います。

皆様も塗替えや修繕を行っていない場合は、速めの対策をおススメ致します。

2020.10.05 16:42 | 固定リンク | 屋根塗装

- CafeLog -