春日市白水公園SS外壁塗装を施工して参りました。
2021.07.07
いつもお世話になっております。翔栄の髙山です。

昨日は春日市にあるガソリンスタンド高所塗装をおこないました。

高所作業車にてガソリンスタンドの天井廻りを中心に塗装致しました。

雨が心配される中、外部廻りで雨に当たる箇所を優先的に塗って行きました。

塗料はガソリンスタンドのメーカーによって指定材料があり、その塗料を基本的に使用致します。

VPと呼ばれる塗料で、耐薬品性に優れている塗料になり、優秀な塗料になります。

非常に溶剤臭が強く、一昔前までは、これを浴室の壁面の塗装に使用して中毒死する例があります。

それほど強い塗料になりますが、通気性の良い屋外ではそれほど問題では御座いません。

私も作業をしている時、このVP塗料が目に入り、失明したかと思うぐらい熱く痛かったです。

職人は慣れた手つきで、上を見上げながら頭上で塗装作業をおこなっておりました。

今回は高所作業車にて外壁塗装をおこないましたので、周囲の安全対策も重要となります。

ガソリンスタンドへ給油に来る自動車の誘導、塗装箇所廻りの給油所の閉鎖。

作業車との接触を回避し、安全対策、飛散防止を並行しながら作業を行いました。

無事、雨が降る前に作業も終えれ、ひと安心です。

福岡市博多区にてビル改修工事が開始致しました。
2021.07.06
いつもお世話になっております。翔栄の髙山です。

連日梅雨空が続き、蒸し暑い日が続いております。

先日は、マンション改修工事へ立ち会って参りました。

既存の間取りを一旦リセットし、スケルトン解体をする事となりました。

目的として、建物の状況をより明確に知る為。それによって間取りを変えられる事。

オーナー様と協議のうえ、スケルトン解体を実施致しました。

スケルトンと言う意味は、その名の通り、骨組みのみにしてしまう解体です。

両隣には接近してマンションが立ち並び、両方合わせて100世帯以上となります。

工事期間中は、窓を開けての作業が出来ず、中は埃まみれ、湿気まみれとなっています。

職人さんには酷ですが、近隣住民の方への配慮も大切ですので、難しい施工です。

作業する方も、定期的に水分補給を行い、熱中症対策には留意されています。

さすが、解体作業に慣れたベテラン職人です。

弊社は塗装工事を主としておりますが、ご依頼があった場合は、改修工事も施工致します。

今回は、工期が1期と2期でわかれており、1期工事が5階、4階の解体工事、

2期工事が1階、2階解体工事となっております。

追加での工事も請けておりますので、工程は今後も増えて行く予定です。

解体工事では、大きな機械や鋭利な工具が多く使用されますので、

引き続き、安全対策には充分気を付けて参りたいです。

解体後は、大工工事が開始となり、リフォームが本格的に始動致します。

その際には、またご紹介できたらと思っております。

2021.07.06 08:42 | 固定リンク | その他

- CafeLog -