那珂川市在住のお客様、外壁塗装や屋根塗装で最大10%のキャッシュバックにて補助金が受け取る事が出来ます!!

粉体塗料

粉体塗料
粉体塗料

粉体塗料とは?

粉体塗料とは、100%粉末状の塗料を使用する塗装方法で有機溶剤を使用しない

粉体塗料とは、文字通り粉末状の固体を密着させることで被塗物に塗装を施す手法です。

液状の塗料で被塗物に塗装を施すのが一般的ではありますが、

粉体で塗装を施すということはなかなか想像がつきにくいかと思います。

一般的に塗料として多くの人が思い描く水性塗料や溶剤塗料は、

被塗物を着色する役割を持つ『顔料』、塗装の性能を上下する『樹脂』、

その性能をより発揮させるフィラーや硬化剤といった『添加剤』、

それらを混ぜ合わせた時に溶かして希釈するシンナーなど『溶剤』

(水性塗料の場合は水になります)の4要素で構成されます。

被塗物に塗布して溶剤が揮発した際に塗膜が形成される事で塗装が施された事になります。

一方、粉体塗装に使用される塗料では上記のように溶剤が使われません。

残りの3要素である『顔料』と『樹脂』、『添加剤』を細かく粉体に砕くことで塗料とします。

粉体を被塗物に付着、それを焼付乾燥させる事で塗膜が形成され塗装が施された事となります。

粉体の被塗物への付着には『静電気』が利用されます。

被塗物をアースすることでプラスの電気を帯びさせることができます。

そして粉体塗料を専用ガンで噴射してマイナスの電気を帯びさせることで、

被塗物に塗料を付着させることができるというメカニズムで塗装が成り立ちます。