那珂川市にて補助金制度を利用した住宅の屋根塗装・外壁塗装が施工完了致しました!
2020.12.02
お世話になっております。翔栄の高山です。

那珂川市にて補助金制度をご利用の住宅において、屋根塗装・外壁塗装の施工が終了致しました。

一般的な住宅の1.5倍ほどの規模で屋根の傷みも激しかったですが、工程通り、施工が終了致しました。

屋根塗装では傷みが激しかったので、ケレン後、下塗りで「エクセルガード」入れました。

1回塗りで厚く塗装することが出来、ファンデーション効果に優れていますので、

傷んだコロニアル屋根には最適です。

外壁には、2階外壁には「セラMレタン」で油性塗料を塗布、1階クリア塗装部分には「クリーンSDトップ」

を使用し、耐久性と美観を優先してチョイスしました。

油性塗料は臭いがキツイと言われますが、長く外壁を維持するとなると断然、油性塗料となります。

下記の画像を見比べて頂けるとわかりやすいですが、

油性塗料とクリア塗装で施工すると光沢感が出て、紫外線を反射しているのがお解り頂けると思います。

付帯(帯・樋・庇・水切り)等で濃い目の色を入れ、家全体がしまって見えるかと思います。

色を選んで最終的に決めて頂くのはお客様ですが、何百件と施工管理をしてきた担当者が、

色の組み合わせやバランスをアドバイスさせて頂き、仕上がり耐久性には特に気を付けております。

今回の施工住宅は2人三脚(お客様と弊社)でカラーや塗料を選んで完成した住宅となります。

仕上がりに施主様も満足して頂き、本日引渡しを予定しております。

弊社は他社と違って保証書の発行を致しておりません。

決められた施工、希釈率で施工致しますのでメーカーが推奨している期間は耐久します

当然ながら、自然環境や状況に応じて伸びしろはあるかと思いますが、

弊社は、いまだ施工後のトラブル等は御座いません。

正しく施工がおこなわれれば、極端な劣化や塗料の浮き等は御座いません。

弊社の方針として、正しく施工をおこなえば保証書はいらない物だと考えております。

メーカーの推奨通りの施工を行わないと耐久性が著しく落ち、欠陥が出るものだと思います

これからも真っすぐな施工を続けて行きたいと思います。


※施主様より掲載の承諾を頂いていおります。
2020.12.02 11:29 | 固定リンク | 外壁塗装
福岡市城南区にて屋根塗装・外壁塗装の施工が開始致しました!
2020.12.01
お世話になっております。翔栄の高山です。

今年も残すところあと1か月となりました。年の瀬で皆様も大忙しかと思います。

年内中の施工申し込みが慌ただしく頂いております。

昨年からご相談をお受けしていたお客様より、先週末に施工のご依頼が御座いました。

昨日は塗装前の高圧洗浄をおこなって参りました。

今回の施工住宅は、1階と2階で外壁の種類が分かれ、1階は柄付きのサイディング壁で、

2階は柄無しのサイディング壁でした。

1階は柄付きですので、弊社が得意とするクリア塗装で柄を活かします。

クリア塗装をおこなう際には、洗浄時に高圧洗浄を行うと柄まで剥がれてしまうので、

仕上がりにムラなどが出る可能性が御座います。

弊社では、手間が倍かかりますが、職人の手作業で柄面に沿って、目地までスポンジで、

丁寧に洗浄をおこなっていきます。

この時に注意している事は、表面のチョーキングカス、目地のコケ、均等に洗って、

汚れムラを出さない事です。

クリア塗装は透明で艶があるので、透明にチョーキングのカスがにじんだり、

コケや汚れがそのまま保護されてしまい、仕上がりが悪くなります。

クリア塗装の場合は、洗浄自体が下地処理となりますので、ここは念入りに作業致します。

その他、屋根、2階外壁、土間等は高圧洗浄で綺麗に洗浄をおこないます。

洗浄作業は、ただ綺麗にして掃除をするだけではなく、

下地処理の意味合いもある事を理解していだけると幸いです。

乾き期間で一日明け、充分に乾燥してから養生、屋根塗装が開始いたします。

今年も無事故で一年を終えれる様に、今月も安全第一で施工を行いたいです。

2020.12.01 09:33 | 固定リンク | 高圧洗浄

- CafeLog -