ビルの雨漏り調査へ立ち会って参りました。
2021.09.15
いつもお世話になっております、翔栄の髙山です。

昨日は、大豪雨時に雨漏りが発生したビルにて、雨漏り調査を行ってきました。

2年前にビル自体の外壁塗装防水工事を私達が施工管理した現場で、

1階のテナントにて雨漏りが発生しております。

2階、3階、4階は雨漏りが発生しておりませんので、下廻りから追跡致しました。

ビルの基礎が老朽でコンクリートが剥き出しでしたので、そこへ防水塗装を致しました。

下からの雨漏りはこれで治まりましたが、上から雨漏りが継続していました。

次に考えられる、通気口廻り、笠木、竪樋廻り、屋上防水と順番に追って参ります。

結果、屋上防水のドレン廻りが疑わしいと絞り込みました。

改修でドレン廻りを防水強化し、部分補修で済むかこれから勝負です。

複合的な雨漏りは、原因を突き止めるまでが凄く大変で、追って作業をする事が多いです。

今回のビルは外壁がALCの壁で水に弱い欠点が御座います。

壁から侵入している可能性もなきにしもあらずですが、そうなってくると大規模工事となります。

出来る限り、低コストで解決できるように私達が選ばれ、対応しております。

最小限の負担で、オーナー様のご要望を叶え、テナントに入っている企業様にも、

快適に生活が出来るよう、早急に対応して行く次第です。

2021.09.15 15:21 | 固定リンク | 防水工事
福岡市博多区にてビルの外壁塗装、防水工事が完了致しました。
2021.08.30
いつもお世話になっております、翔栄の髙山です。

本日は朝から引き渡し後の最終手直しをして参りました。

福岡市博多区にあるビルの外壁塗装防水工事を施工致しました。

外壁塗装後、防水工事をおこない、その後最終で塗装で手直しを致します。

下記画像が前と後になりますが、すっかり綺麗に変身致しました。

雨漏りも以前はしておりましたが、防水工事をやり直したので、

今後雨漏りの心配は御座いません。

本日おこなった手直しですが、防水部分と外壁部分の境界部分で、防水がはみ出したり

垂れている箇所を塗装にて手直し致しました。

防水箇所は仕上がっておりますので、塗料で汚す事が出来ないので、慎重に作業を進めます。

仕上がっている防水箇所まで塗料で塗ってしまうと、さらにおかしくなりますので、

ある程度、刷毛塗装に慣れた職人にしか出来ない作業となります。

防水屋さんも外壁を汚さない様に注意はして作業されますが、どうしても汚れてしまう為、

その後の手直しはとても重要な作業となります。

無事、最終手直しも終わり、これで完全に作業が終了致しました。

このビルにおいては、外壁塗装と防水工事以外にも5F~4F内部解体をおこなっており、

空調設備工事もおこないました。

長期期間施工する事となりましたが、無事問題なども無く終えれました。

また追加工事などがありましたら、お知らせしたいと思います。

2021.08.30 11:56 | 固定リンク | 防水工事

- CafeLog -