塗替えのタイミングと
2021.08.03
いつもお世話になっております。翔栄の髙山です。

依然住宅にて外壁塗装をおこなったご近所様より、

屋根塗装外壁塗装の正式なご依頼があり、昨日スタート致しました。

高圧洗浄が終わってから、外壁廻りの養生、屋根の下塗り、中塗りと進めて行きます。

こちらの外壁は部分的に柄があるタイプになりますので、柄の箇所はクリア塗装を行います。

他の外壁については油性の塗料を使用致します。

油性は臭いが強いですが、耐久性や見た目が抜群に良く、弊社は好んで使用致します。

やはり艶が強い塗料においては、光を反射するので、劣化は最小限に抑えれます。

クリア塗料も長年愛用している、SDクリーンマイルドを使用しております。

まだ下地の柄を活かせる状態でしたので、クリア塗装をする事となりました。

屋根においても、シリコンルーフペイント使用し、艶が強い塗料をチョイスしております。

高級な塗料でフッ素や無機塗料など種類も豊富に御座いますが、

弊社では出来る限り、低コストで長く保護できる塗料をおすすめしております。

塗料を良い素材で施工しても、コーキングが10年前後で打ち替えになりますので、

その時はまた足場を設置する事となります。

その辺を考えると塗料のランクも考え、耐久年数が10年ぐらいを選びます。

塗装とコーキングを同時におこなえ、コストが重複せず予算を抑える事が出来ます。

外壁だけ良い塗料を使用してもコーキングがもたないと意味がなくります。

近年コーキングも改良されてきていますが、まだまだ塗料ほど進んでいません。

目先の保証や耐久年数をエサに、塗替えを繰り返し行う業者が最近目に付きます。

皆さんも塗替え時期が来たら、10年後、20年後を考えたうえで塗替えを行ってください。

2021.08.03 16:15 | 固定リンク | 屋根塗装
飯塚市にて住宅屋根塗装の施工が完了致しました。
2021.07.21
いつもお世話になっております。翔栄の髙山です。

昨日、飯塚市住宅にて屋根塗装が施工完了致しました。

太陽光パネルを設置する前の屋根塗装でしたので、外壁には足場が無いタイプです。

屋根廻りだけ足場が組まれ、保護シートと養生で飛散対策を行いました。

作業内容は屋根塗装だけですので、一人でも作業はおこなえますが、

弊社では屋根や高所での作業時は2人一組で行うようにしております。

1人で入ってもらった方が他の現場へもう一人を入れれますが、もしも怪我や転落した際に、

不測の事態に対応出来なくなります。

もしもに備えて、必ず二人以上で作業をするように人員配置を行っております。

他社等でいまだに聞きますが、一人で足場が無い屋根を脚立で登り洗浄させたり、

重たい塗料を持って塗装をさせたりしている会社も御座います。

昔はそれでも良かったのかもしれませんが、近代的とは言えません。

働く人の労働環境、安全管理は施工に携わる人間としては、気を遣うところです。

職人も責任を持って施工しておりますので、それに答える必要が御座います。

会社の職人は会社の財産でもありますので、大切にしたいところです。

無事、施工終了しほっとしております。

2021.07.21 08:27 | 固定リンク | 屋根塗装

- CafeLog -