塗装前の屋根補修工事に立ち会って来ました
2022.05.14
いつもお世話になっております。翔栄の高山です。

本日は塗装前の屋根補修工事に立ち会って参りました。

瓦下のルーフィングシートや桟木がボロボロになっており、漏水していました。

下地のコンパネも劣化し、職人さんが足を置くとすっぽ抜けるぐらい腐っていました。

劣化している下地から全て張替える事となりました。

瓦をめっくて行くうちに蛇の抜け殻だったり、イタチが持ってきたであろう紐類などが、

沢山瓦の下から出てきました。

蛇の抜け殻は、施主様が記念にと保管されておりました。

その他はゴミとして処分致しました。

垂木や母屋はまだまだしっかりしている状態でしたので、同じ様にコンパネを敷き、

ルーフィングシートを新たに設置し、桟木を新設しました。

屋根工事を担当している職人さんは、左官工事、屋根工事と色々と対応出来る職人さんで、

弊社が携わる施工現場にて協力をして頂いております。

親方さんが職人さんの教育に真面目で、自分の子供のように熱心に指導をされており、

現在ではあまり見ない昔気質な方です。

職人さんも見るたびに成長をされている感じがします。

塗装以外でも屋根工事や左官工事等でお悩みがある方は、弊社までご相談下さい。

腕利きな職人さんに施工をして頂けます。

2022.05.14 16:52 | 固定リンク | 屋根塗装
魅せる屋根塗装
2022.04.28
いつもお世話になっております。翔栄の高山です。

昨日は、住宅の屋根塗装へ立ち会って参りました。

各工程で施工写真を撮影し、変貌ぶりを目の当たりにしていましたが、

その塗替えも完了致しました。

最終日にも竣工検査で立ち合いましたが、職人さんが丁度手直しをしていました。

私が行った時は屋根の手直し箇所を探しながら、タッチアップをしてる最中でした。

うん? あれ?

職人さんの足元に違和感があり、よく見ると裸足でコロニアル屋根に登っていました。

上塗りをした後は原則、靴では登らないと社内で決まっていますが、

その職人さんは、コロニアル屋根の溝にて僅かな塗り残しを発見し、

タッチアップをおこなっておりました。

上塗り後の屋根ですので靴と靴下を脱いで汚さず、滑らない状態で臨んだと思われます。

面倒くさがらずに会社の規定通りに作業をおこなっておりました。

感動してつかさずシャッターを切り、そのベストショットを下記にて掲載してあります。

塗装工事は「魅せる仕事」だと社長はよく口にしますが、その想いを汲んでいました。

ほっこりする施工現場となりました。

2022.04.28 14:18 | 固定リンク | 屋根塗装

- CafeLog -