久留米市の住宅塗装がいよいよ終盤へ入りました。
2021.10.09
いつもお世話になっております、翔栄の髙山です。

久留米市にて住宅の外壁塗装屋根塗装がいよいよ終盤へ入りました。

屋根、外壁絡みは上塗りまで終わり、ペンキと呼ばれる塗り物のみとなりました。

ペンキとは樋関係、帯、庇や手摺など付帯の塗り物工事の事をそう呼んでいます。

この文を読んだ方は職人さん達がペンキと言ってたらその事を指していると思って下さい。

材料もペンキですが、ほとんどの職人さんは型番で読んだり、下塗り材、中塗り材などと

略して呼びますので、混合しない様にご注意下さい。

職人さんが話す業界用語を少しでも知っていると、施工中のストレスも軽減されます。

現在施工している住宅は、ご高齢の女性で体調が悪い日にはお会いせずに帰社する事も御座います。

少しでも快適に過ごせる様にと養生などは早々に剥ぎ取り、人数を多めに入れたりと

出来るだけ速い完了を目指して施工を進めて参りました。

細かい作業内容等は依頼を頂いた、お孫さんへご報告をおこなっております。

今後ますます少子高齢化となり、施工方法やお客様とのやり取りなども徐々に変わって行く事が

予測されます。

時代のニーズに合わせた施工内容を現在は模索中です。

私達塗装業者は、サービス業にあたる部分も多々御座いますので、

より良いサービスを提供できるように日々勉強を重ねております。

1軒1軒、120%満足して頂けるようにこれからも試行錯誤しながら施工管理を務めたいです。

2021.10.09 16:35 | 固定リンク | 外壁塗装
福岡市博多区月隈にて住宅塗装が終了致しました。
2021.09.10
いつもお世話になっております、翔栄の髙山です。

本日は朝から住宅塗装の検査前、清掃、手直しをおこなって参りました。

清掃は窓枠、サッシ箇所、養生で隠していた箇所などを重点的に清掃致します。

ライン(外壁とサッシの境界線)が綺麗に出ていない箇所は、紙テープを貼り、

再度綺麗に一直線を出します。

ぐにゃぐにゃの境界線より、直線で綺麗な境界線の方が見栄えが良くなります。

たかが線で私はそんなに気にしないとおっしゃるお客様もいらっしゃいますが、塗装職人の基本です

弊社職人が直接携わった塗装では、必ずこのラインは綺麗に引く様に徹底しております。

サッシの角などは養生をしていても、塗料が漏れる事があります。

漏れた箇所は塗料用シンナーをウエス(布)に染み込ませ、拭いて除去します。

仕上がった壁に塗料用シンナーを付けると塗料が溶け、色が落ちてしまいます

万が一、シンナーが含まれている布が触れたりした場合は、タッチアップで塗り直します。

外壁を仕上げた後にペンキ塗りをする事が多いのですが、仕上がった外壁へ知らず知らずのうちに

塗料が飛んだり、跳ねていたりします。

米粒より小さいぐらいですが、仕上がった外壁には好ましくありませんので、

そういった箇所もタッチアップをおこないます。

上から順番に外周を廻り、色々な角度から見て、塗り残し、飛散、汚し等を確認致します。

そうこうしていると検査が始まり、指摘されることも無く、完了となりました。

事前に自社で確認しながら清掃をした結果だと思います。

塗った人とは違う人が確認作業をすると色々な箇所が目に付きます。

弊社では必ず、一人では無く、複数人で1つの現場へ入り、確認をおこないます。

また、次回の住宅も指摘無しを目標に施工したいと思います。

2021.09.10 16:09 | 固定リンク | 外壁塗装

- CafeLog -