久留米市にて車庫の鉄部塗装が完了致しました。
2021.10.01
いつもお世話になっております、翔栄の髙山です。

昨日、久留米市にて車庫の鉄部塗装が終了致しました。

前回もブログでご紹介しておりますが、車庫内の鉄部塗装をおこなって参りました。

前回は下塗りまでをご紹介しておりますが、その続きで中塗り、上塗りと行いました。

中塗り、上塗りと弱溶剤で「クリーンマイルドウレタン」を選別し、お客様と塗料選びを行いました。

前回の鉄部はグレー色でしたが、今回はテラコッタに近い色で落ち着いた色合いです。

基本的に色決めは施主様の意見を100%取り入れるようにしておりますが、

稀に色が極端に合わない場合は、再度色決めをおこないます。

作業を進めるにつれて不思議とそれまで気にならなかった箇所、

車庫勝手口の木部が色褪せて見えたり、樋なども汚れが目立って見えてしまいます。

社内の倉庫にて保存している塗料の中から、選別し合おう色がある場合は、

無料で追加塗装をする様にしております。

ご希望が大規模だったり現場の職人にて判断が付かない場合は除いて、基本的に対応しています。

せっかく塗装したのに一箇所の汚れで美観を損ねていたりすると施工する側も腑に落ちません。

私達の職人としての意地も御座いますが、やはりお客様に喜んで頂けるのが一番です。

弊社を指名して頂いた気持ちへ120%で返したい、そう思うのが自然だと思います。

今回施工したお客様とは車庫の鉄部塗装以外にも住宅の外壁塗装も施工しております。

こちらから営業をした訳でもなく、ご相談して頂ける環境を作れた事へ、感謝です。

お客様とそういう関係を今後も築いて参りたいと思う、今日この頃です。

2021.10.01 13:59 | 固定リンク | 鉄部塗装
久留米市住宅にて車庫の鉄部塗装が開始致しました。
2021.09.28
いつもお世話になっております、翔栄の髙山です。

以前住宅の外壁塗装を施工したお客様より、車庫鉄部塗装の施工が開始致しました。

5月ぐらいからお話しは伺っておりましたが、日程の調整が出来ず、

4か月程待って頂いてからの施工となりました。

車庫内の鉄部塗装は以前10年ほど前に塗り替えたそうです。

その割には傷みが進んでいなかったので、前回の塗装業者さんの施工内容が素晴らしいです。

鉄部塗装は一般的に5年程で塗替えを致しますが、その倍10年で塗替えとなりました。

施主様も錆が凄いから手抜き工事を心配されていましたが、

良く持っている方だと代わりにご説明を致しました。

施主様も錆が進行している箇所を凄く気にされていおりましたので、

錆がひどい箇所には「ラストボンド」を入れ、錆止めの強化をさらに致しました。

通常の錆止めは「ハイポン20デクロ」を使用、ガソリンスタンドなどで良く使用致します。

錆止めとして優秀な塗料で、弊社の鉄部塗装では定番のハイポンを使用します。

その前に鉄部塗装を行う前の下地処理を簡単にご説明致します。

錆の進行が酷い箇所は、サンダーでケレン、その後サンドペーパーにて整えます。

錆が少ない箇所は、サンドペーパー、マジックロン等で軽くケレン処理を致します。

その後ブロアーで吹き飛ばし、清掃を終えてから養生をおこないました。

当日は、下塗の半分までが終了致しました。

同時進行で久留米では住宅の外壁塗装、屋根塗装が今日から開始となりました。

追ってご紹介できたらと思っております。

2021.09.28 13:47 | 固定リンク | 鉄部塗装

- CafeLog -