サイディング壁のリペア工事を実施致しました
2022.07.20

サイディング壁のリペア工事を実施致しました


いつもお世話になっております。翔栄の高山です。

本日は、外壁塗装が終わり仮設足場解体時に誤って職人さんがサイディング壁を損傷、

その部分のリペア工事をおこなって参りました。

サイディング柄が縦にデザインがされている為、横傷がさらに目立っていました。

スタンドや内部塗装で使用する、ワンタイム パテにて凹凸を埋めて行きます。

その後、仕上げ用のサンドペーパー(#320)でパテ磨きをおこない凹凸を無くして行きます。

反復作業をおこない、塗料を塗って仕上がりを確認していきます。

同じ工程を3回ぐらい繰り返すとほとんど目立たなくなります。

縦にデザインされている窪みが難関で、パテ埋めすると隙間が埋まってしまいます。

そこで再度サンドペーパーにて隙間部分を磨き、溝を作っていきます。

凄く地味な作業ですが、綺麗になった時の達成感は大きいです。

塗装職人がせっかく仕上げた箇所を別の職人さんが傷つけてしまう事はよくありますが、

ちゃんと報告をしてくれる人が少なく感じます。

弊社が提携している足場職人さんは、些細な事も正直に報告をしてくれています。

作業をしていて不注意や誤って傷を付けてしまう事は誰しも一度は経験をすると思います。

その責任、対応をおこなう事が施工管理の業務となります。

誰かが犯したミスを責めるより、その事を補える人間でありたいと改めて感じました。

2022.07.20 17:08 | 固定リンク | 外壁工事
ガソリンスタンド新設塗装工事が終了致しました
2022.07.15
いつもお世話になっております。翔栄の高山。

昨日は新設で工事をおこなっていた、ガソリンスタンドの施工が完了致しました。

ガソリンスタンドとドトールコーヒーが隣接している工事になります。

建物を塗る塗装屋、土間を整理する左官屋、機材を設置する設備屋、

様々業種の職人さんが一斉に作業を並行します。

お互いに連携を取りながら出来る箇所から作業を進めて参ります。

塗装屋は塗装するだけでは無く、パテを塗って下地の処理もおこないます。

ボードを貼り付けた後に塗装をおこないますが、凹凸があると仕上がりが悪くなります。

表面を平らに処理する事でより綺麗に外壁が仕上がります。

本来は下地屋がおこないますが、簡易的な下地処理は私達でもやる事が御座います。

いつもと違う事は、ガソリンスタンの店舗とドトールの店舗を同時に工事する事です。

それぞれの仕様に合わせた塗装が必要で、設置されている看板等を汚す事が出来ません。

営業前ですので、お客さんの来店は無いので車両への飛散は心配ありませんが、

仕上がっている箇所を汚す事は出来ません。

ただペンキを塗るだけと思われがちですが、その前に飛散して汚さない様に養生をおこなう事が

絶対となります。

塗装の仕上がりは養生で決まると言われていますが、まさにその通りです。

養生は周りを保護する事と養生をしたテープで直線を出し、見た目を良くする目的があります。

壁と天井の境界や壁と建具との境界など、綺麗に直線で区切られている方が見栄えが良いです。

そういった理由から養生は大切な工程となります。

ご自宅を塗装される方も、是非養生を確認されると良いかと思います。

- CafeLog -