塗装工事において県知事許可書を取得致しました
2022.07.14
いつもお世話になっております。翔栄の高山です。

以前より申請していた建設業の許可票が届きました。

取得するにあたって様々な条件が御座いますが、「塗装工事の実務経験が10年以上ある人

こちらにて申請を受理されました。

さらに取得条件で注文書、請負書、厚生年金などを持続的に継続している等の条件が御座います。

塗装工事業を営む会社で5年以上の役員経験があることなど条件は多々あります。

そんな中でようやく取得出来た事は、会社としての取り組みが福岡県に認められた証でもあります。

この許可票がある事で、今まで断っていた金額が大きな現場も管理する事ができます。

付き合う範囲も広くなり、会社が飛躍するうえで欠かせない物となります。

特にこの許可票の重みを一番噛み締めているのが、社長だと思います。

看板のデザインも色々とありましたが、弊社は金色ではなくシルバーを選択しました。

社用車も同じ考えですが、金色や黒色はどことなく威圧的な印象が御座います。

私達の職業では、色々な考え方のあるお客様ひとりひとりとお付き合いが御座いますので、

見た目や対応などは繊細な注意を払っております。

作業着も移動時は綺麗な作業着、作業車は塗料で汚さない、整理整頓、定期的に車は洗車する、

仕事が終わったら直ぐに家庭に戻る、礼儀作法は正しくおこなう、この事がそのまま仕事に比例しています。

そういう積み重ねで安定した仕事、収入が成り立ち許可票を受理する事が出来ました。

今以上に会社としての取り組みを徹底し、ふんどしを締め直す機会となりました。

2022.07.14 08:13 | 固定リンク | お知らせ
熊本にてトラックターミナルSS塗替え工事が完了致しました
2022.07.13

熊本にてトラックターミナルSS塗替え工事が完了致しました


いつもお世話になっております。翔栄の高山です。

先日、連日夜勤、日勤で塗装工事をおこなっていた現場が無事終了致しました。

熊本にある出光系のスタンドでApollostationへのリニューアルに伴う塗装工事です。

トラックターミナルと付くだけあって、日中は車、大型トラックの離合が多く、

塗装を出来る箇所が限られていました。

職人さんには夜勤でストレス無いように施工を進めてもらいましたが、

昼夜が逆転するので精神的な疲れはいつも以上にあると思います。

夜勤明けの翌日は、休息をとってもらう様に心掛けており、休むように指示があっていました。

社長が現役で会社の基盤を作る際中は、昼夜昼など頻繁にこなしていたと聞いています。

多く働くから良いかといえばそうでは無いと思いますが、何事も気持ちの持ちようだと思います。

仕事でもそうですが、「やろうという気持ち」と「やらされている気持ち」では成長が違います。

若い職人さんに直ぐに理解しろというのも難しいので、徐々にでも良いので理解は欲しいです。

その為に弊社ではそれぞれに一役責任を持って取り組んでもらっています。

会社の備品を管理する者、車の管理をする者、現場を管理する者など様々です。

ガソリンスタンドの工事でも塗装工事以外に看板屋さんなども工事に携わり、

不注意で転倒事故などの報告を受けております。

そういった問題が塗装工事であがってこない事は、それぞれが現場にて責任を持って

施工をしているからだと思います。

今後も継続して、安全施工に取り組んで頂きたいです。

- CafeLog -