某高級外車販売店にてアーチ型の鉄部の塗装を施工を行ってきました。
2020.01.27

お世話になります、翔栄の高山です。

先週、某高級自動車販売店の玄関アーチを塗装して参りました。

錆びた鉄骨をケレン(ペーパーで削る)、錆止め、中塗、上塗と行い、塗替え施工を行いました。

作業内容はいつもやってる内容で特別問題はございませんでしたが、

場所が場所だけに人の出入り、車の出入りが多く、飛散が心配でした。

カーシートを掛けるのは当然ですが、作業している間近の駐車に対しては、

2枚掛けしたりと注意が必要でした。

作業中は足元にはシートを敷いていますが、風もありましたので不安は拭えませんでした。

作業時に使用した材料は下記の通りです。


①施工内容


②使用材料

中塗り上塗で画像のフッ素を使用しましたが、

他のフッ素よりもフッ素樹脂の純度が高く耐久性が高く一番使用するフッ素塗料です。

フッ素は高価な物が多いですが、コストパフォーマンスをトータルで見るとこの商品が一番です。

工期は5日間で無事、引き渡しが終わりました。

今週からは、団地、スタンド、住宅を各班がやる予定です。

天候が心配ですが、今週も頑張って参ります。

2020.01.27 09:44 | 固定リンク | 鉄部塗装
屋根塗装以外の施工も行います!屋根工事でコロニアル屋根の張り替えを行いました。
2020.01.23
お世話になります、翔栄の高山です。

今週は築数十年は経とうかというアパートの屋根工事を行いました。

こちらのアパートは雨漏りが発生した為、屋根の入替えを行いましたが、

そのまま放置をすると土台の木が水で腐敗して、大規模な工事となります。

心当たりがある方は、注意が必要です!

瓦を取って、下地を確認したところ、ギリギリセーフでしたので、

新しい下地を入れ、屋根瓦を入れ替える事に決まりました。

古くなった屋根瓦を除去、清掃後に下地へベニヤ板を敷いていき、

その上から「ルーフィングシート」と言って、防水シートを貼っていきます。

最後にコロニアル屋根を並べて固定すれば、施工完了となります。

ベニヤ板の固定は動画で確認できますが、専用の釘にてがっちりと固定し幅等を合わせて行きます。

ルーフィングシートは専用のタッカー(ホッチキス)でとめて行き、こちらもがっちり固定を行います。

左側(上)ベニヤ板(下地) 右側(下)ルーフィングシート(防水シート)  ※(上・下)内はスマホ用表記です。

  

↓下地処理、ベニヤ板張付作業

2020.01.23 10:31 | 固定リンク | その他

- CafeLog -