離島にてガソリンスタンドの外壁塗装を施工しました
2022.04.21
いつもお世話になっております。翔栄の高山です。

昨日は、大分県姫島にてガソリンスタンド外壁塗装の為、出張していた班が戻って参りました。

姫島は離島ですので、フェーリーでトラックを運んで、現地にて足場を組みました。

ガソリンスタンドの希望は小さめで、1泊2日程度で施工が完了する規模でした。

こういう時期ですので、入港の際にはコロナウイルス陰性証明書が無いと入れない場所です。

弊社では常日頃から、市が設置している無料検査所や簡易キットにて管理しております。

車内の清掃、除菌を帰社時に必ず実施。終了後は担当者が確認をおこないます。

マスク着用のチェックも日常化となりました。

そんな積み重ねもあり、社内での蔓延は今のところありません。

離島での施工は、いつも通りのガソリンスタンドの塗替えで、作業も順調に進みました。

現地で困った事と言えば、コンビニが無い飲食が高い圧倒的に高齢化が進んでいた。

そんな話を耳にしました。

少し歩けばコンビニや自動販売機があって当たり前になっていますし、タバコの銘柄も豊富。

流通も進んでいるので、安い飲食店も沢山あり迷う事もできます。

普段、当たり前に過ごしていますが、当たり前では無い事に気付いたかと思います。

離島は観光地でもある為、ランチで1,000円以上は当たり前で職人さんも選択肢がありません。

会社から出張時の食事代などの手当ては付きますので、そこが唯一の救いだったと思います。

港から会社まで3時間ほどかかる為、ドライバーは道中も気が抜けません。

本日も早朝より、姫島の近くまで3時間かけて別のガソリンスタンドの塗替えへ向かいました。

元々は福岡市内がメインでガソリンスタンドの塗替えをおこなっておりましたが、

施工を重ねるごとに、郊外のガソリンスタンドも依頼される事が多くなりました。

依頼があれば基本、どこへでも行って塗替えをおこなう事が弊社の強みでもありますので、

スタッフ一丸となって、九州圏内を塗り廻って参ります。

先日、現場調査のため久留米市へ行って来ました
2022.04.20
いつもお世話になっております。翔栄の高山です。

先日はお問合せを頂いていた、久留米市の住宅へ現場調査をおこなってきました。

近隣住宅の塗替えが続いて、そろそろ塗替えかなと思われ、連絡を頂きました。

久留米市の塗装業者さんも多数いらっしゃると思いますが、り離れた場所の弊社をご指名頂きました。

なぜ離れた弊社を探し、ご連絡に至ったのか?お客様へご質問致しました。

施工事例にて久留米市の事例があった事、ランキング口コミの内容を確認した事、

弊社のブログ等の更新情報を確認され、会社の取り組みを評価されたうえで連絡を頂きました。

慎重派のお客様でしたが、「フッ素塗料」や「ラジカル塗料」へのこだわりが強い印象でした。

「フッ素は20年持つから2倍長持しますよ」

「ラジカル塗料は10年以上持ってコスパが良いですよ」

「今ならモニターで保証を20年付けます」

色々と営業文句を言われてき、脳裏に残っている印象でした。

そもそもフッ素塗料などはここ数年で出回る様になった塗料で、実際の事例は少なく、

保証の20年も根拠が無い物に見えます。

仮に上記の内容が本当であれば、住宅自体の塗替えが今後なくなると思われます。

新築時にフッ素塗料で塗ってしまえば、20年は持つし、車の板金屋さんも塗装不要となります。

何より塗料を販売している塗料メーカーが保証書を出していないのに、

施工会社が独自に付けている保証となります。

その会社自体が20年続くかもわからない状態で、会社が無くなればただの紙切れです。

それだけの理由で施工会社を決めてしまうと、リスクが大きいと思いませんか?

実績が多くある、従来通りのシリコン塗料や油性塗料で充分だと思いませんか?

耐久性は短くなりますがそれを基準に、こんにちまで塗替えを行ってきましたが、

トラブルは一度たりとも御座いません。

弊社では、自社でも事例のある塗料を使用し、施工する事を心掛けております。

測量時には、施主様の猫ちゃん(下記写真)が見守ってくれていました。

2022.04.20 13:18 | 固定リンク | その他

- CafeLog -