福岡市博多区のマンション大規模修繕工事にて共用部、階段室の外壁塗装が開始致しました。
2021.03.24
お世話になっております。翔栄の高山です。

朝と昼間の寒暖差も少しずつ緩み、桜も7分咲きと春の訪れを感じます。

昨日は、マンション共用部の階段室を塗装して参りました。

階段室は先行して防水工事を終え、仕上がっている状態です。

仕上がっている箇所を汚さない様にまずは養生をおこなっていきます。

外部へ塗料が飛散しない様に高い位置での養生も済ませ、飛散防止をおこないました。

養生が終わると、軒天から塗装を行って行きます。

両角やローラーが入らない箇所は、先に刷毛で塗装致します。

ローラーで角を塗装してしまうと、タイルや壁に漏れて汚してしまう可能性があるので、

弊社では刷毛で塗料の量を調整し、塗装を行ないます。

残った時間で、バルコニー内の樋廻りにあるドレンの塗装を行ないました。

「ドレン」と聞くと何なのかわからない方が多いと思いますが、

画像を見て頂ければ見たことがある物だと直ぐにわかる物です。

この「ドレン」がある事によって、雨水を排水し漏水を予防してくれます。

排水廻りですので、汚れが常時ついてしまう箇所で、先に清掃を行い塗装となります。

塗装工程は中塗り、上塗りと2回塗るの事が一般的だと思います。

水廻りで耐久性が求められる箇所ですので、最低でも2回塗る事が必然となります。

パイプ(樋)だけ塗っていれば良いようにも思えますが、塗れる箇所は塗る。

錆びて破損する可能性も御座いますので、塗装をおこないました。

お見積りに入っていない箇所でも、弊社では気になった箇所は出来る範囲、やらせて頂く様にしております。

綺麗に仕上げる事が塗装工事の醍醐味です。

一箇所、一箇所を綺麗に仕上げ、施主様にご納得頂けるように、

今日も翔栄の職人は、刷毛とローラーを握って、走り回っております。

2021.03.24 09:58 | 固定リンク | 外壁塗装
福岡市西区にてアパートの外壁塗装、屋根塗装の施工が完了致しました。
2021.03.20
いつもお世話になっております。翔栄の高山です。

昨日はアパートの洗浄に立ち会って参りました。

こちらのオーナー様は、今回で7棟目のアパート塗装となります。

アパートの作りもほとんど同じ状態ですので、手順などは前回と同様です。

今回のアパートはマンションの裏側に面している為、屋根の汚れ、コケなどが多くありました。

下記の画像が洗浄前と後になりますが、汚れが凄い事がわかるかと思います。

陽があたらない場所は特に汚れが激しく、洗浄後は既存コロニアル屋根の塗料も、ほとんど剥げています。

洗浄中もコロニアル屋根が傷んでいる箇所にて、足をかけたとたん1枚ズレ、バランスを崩しました。

見た目だけでは内部の状態は判断できませんので、感覚で歩くしか御座いません。

転落はなんとか免れ、施主様に状態を報告後、専用の接着剤で固定し直しました。

今回のアパートは横に大きな分譲マンションが有り、駐車場も隣接しています。

車カバーを作業前に設置し、飛散防止を行ったうえで作業が開始となります。

また、1階の居住者様が観葉植物を大切に栽培されていますので、

そちらの場所の確保と塗料などが、かからないように対策致しました。

足場で段を作ってもらい、陽があたる場所へ保管する予定です。

施主様の計らいで、バリケードを設置して頂き、観葉植物は厳重に保管されます。

居住者様も大変喜んでいる様子で、お互いに合意のもとスムーズに作業が進められそうです。

人それぞれで、犬や猫を大切に飼い、いつも一緒に行動を共にしていると家族になる様に、

観葉植物を大切に育てている居住者様も同じ想いだと思います。

同じ様に私達も接し、大切にすることが必然的になります。

工事は始まったばかりですので、特に注意をしながら作業を進めて行きたいと思います。

無事、高圧洗浄も終了し、来週からは塗装工事へ入る予定です。

2021.03.20 11:38 | 固定リンク | 高圧洗浄

- CafeLog -