マンション大規模改修工事にて外壁の剥離を確認
2021.11.18
いつもお世話になっております。翔栄の高山です。

現在、マンション大規模修繕工事を行っておりますが、外壁タイルに異常が御座いました。

5~6階ぐらいの外壁タイルで、経年劣化とは言えない規模のタイル剥離を確認しました。

普段は打診棒で叩きながら中の空洞を探し、そこへエポキシ樹脂を注入しますが、

今回発見した箇所は、打診棒で叩くとそのまま下へ落下するぐらい浮いていました。

考えられる要因としては、「下地コンクリートへの下地処理不足」「下地調整モルタルの硬化不良」

「モルタルの塗り厚不足によるモルタル層内の接着強度不足」と予測されます。

経年劣化だとこの箇所だけの剥離では無く、他の箇所の剥離もあるはずです。

そうなってくると施工時の施工不良が原因として考えられます。

低い階層でのタイル剥離だと雨漏りなどの危険性だけでまだ急を要しませんが、

高層階の剥離ですと落下時の危険性が高くなり、歩行者の安全確保に努めないとなりません。

下から見てるだけではタイルの浮きもわかりずらいですが、仮設足場だと近くで目視が出来、

未然に事故を防ぐ事ができます。

今回の問題の箇所は、コーキング目地が絡んでいるので両方の補修工事が必要です。

外観維持の為、既存のタイルを活かした補修工事で対応致しました。

マンション規模の仮設足場となるとかなりの費用がかかってしまいますので、

しっかりと外壁の補修、塗装工事を行い、より長く維持出来るよう努めたいです。

2021.11.18 09:25 | 固定リンク | 外壁工事
佐賀県鹿島市にてガソリンスタンドの夜間塗装工事を行ってきました。
2021.11.17
いつもお世話になっております。翔栄の高山です。

昨日は連日通っている、佐賀県鹿島市のガソリンスタンドにて夜間塗装工事を行いました。

洗車機前の建屋を作業車にて塗装するのですが、営業中は作業が出来ません。

高所の作業は飛散防止の為、自動車の離合があるうちは塗装が難しいです。

所長さんが私達の帰り時間を心配してくださり、御厚意にて営業を切り上げてくれました。

作業車を使用して、高所の外壁を塗り込み、使用しないローリング足場も解体し、

出来る限り使用しない機材、材料を撤去する様に致しました。

営業終了後、「幕板」と呼ばれるガソリンスタンドなどでロゴが入っている屋根の板を塗り、

ステッカーなどを貼る作業をおこないました。

貼る箇所の下地が悪い場合は、パテ埋めをおこなってから下地処理後、ステッカーを貼ります。

ステッカー内に空気が入ったり、密着度が低下する事があるので下地処理は重要です。

作業工程で云うと仕上げの工程になります。

前日も夜間工事でしたので、仕上がりが気になり明るいうちへ現地入りする事となり、

職人の中には生活リズムが乱れて、丸2日間寝れていない状態でした。

昼間は昼間で多忙で夜は追い込み作業で、そういう状態になっていました。

その人物は社長なんですが、従業員は夜間工事後は昼間は休んでから出勤となります。

会社の信頼を得る事、また会社の看板を背負うとはそうい事を意味していると思います。

昨日はさすがに少し速めに切り上げ、身体を休めると言っておりましたが、

それでも普通より遅い帰宅になりました。

それぞれ従業員も補える部分は手伝って、乗り越えて行きたいと思います。

- CafeLog -